TEL
予約 初めての方へ 料金

Blog記事一覧 > 野球 > 投球フォーム①

投球フォーム①

2018.04.27 | Category: 野球

野球の投球フォームについてお話しいたします。
野球をやった事のある方は、コーチなどに「肘をあげろ」「もっと上から投げろ」と投球フォームのアドバイスをされたことはあると思います。
高くあげれば上げるほど良いのかというと、そうではありません。
身体の構造的に1番ケガをしにくい角度は、約90°です。
背骨(胸椎)からみて90°の角度です。
この角度が肩の関節が1番負担なく、スムーズに動くことのできる角度なのです!
オーバースロー・サイドスロー・アンダースローどの投球フォームでも同じです。
身体(上半身)を傾けることで、リリースする高さを変えています。
プロ野球の投手の投球フォームの写真を見ていただけると、どの投球フォームでもリリースの時にはこの角度になっています。
ケガしにくい投球フォームを身につけるには、この角度を身体に覚えさせることが大切です。
鏡を見ながら何度も繰り返し、そして安定してからボールを持って練習する事が大切です。先ずは、4・5mの距離でネットに向かって反復練習する事が大切です。キャッチボールで相手に投げようと縮こまってしまうことがあるので、先ずはネットスローで投球フォームを固めるのがきれいな投球フォームを手に入れる近道です。動画を撮影し、後で確認するのもいいですね。
なにより反復練習が大切です。練習してみてください。

受付時間

アクセス

所在地〒359-1144 埼玉県所沢市西所沢1-20-9
駐車場3台あり
電話番号04-2968-6930
休診日土曜日午後・日曜日・祝日

当院までの道順案内

簡略マップ