TEL
予約 初めての方へ 料金

Blog記事一覧 > 野球 > 投球フォーム③

投球フォーム③

2018.05.02 | Category: 野球

今日は投球フォームで、よく指摘される「身体が開く」ことの対処法についてお話いたします。
腰回り・股関節回りがかたいと身体が開きやすくなります。そこに原因がある場合はそこの柔軟性をつけるしかありません。
投球フォームとして気を付けることは、利き腕と逆の腕です。グローブをはめている手を意識します。
まず、投げる方向にグローブを向けます。その時に親指を地面に向くように捻ります。親指が地面に向く位に捻るといいと思います。
このようにすると、身体の構造的に身体が開きにくくなります。
これだけなので試しにやってみてください。
投球フォームは本人に合う・合わないがどうしてもあります。色々試してみて自分がしっくりくる投球フォームを探してください。
自身の感覚だけではなく、客観的に評価する事が大切です。
周りの野球のわかる方に見てもらったり、動画をとってみたりして確認してください。

診療時間

アクセス

所在地〒359-1144 埼玉県所沢市西所沢1-20-9
駐車場3台あり
電話番号04-2968-6930
休診日土曜日午後・日曜日・祝日

当院までの道順案内

簡略マップ