TEL
予約 初めての方へ 料金

鍼麻酔

2018.10.03 | Category: 鍼灸治療

1958年に上海の病院で扁桃摘出手術に鍼麻酔が用いられ、その後広く中国全土に鍼麻酔が普及しました。
当初は広く普及しましたが、現在では適応も限局され、鍼麻酔の症例数も減り、しだいに西洋医学的麻酔にかわっていきました。
日本でも鍼麻酔は普及しました。歯科治療や産婦人科領域で試みられました。赤羽幸兵衛が鍼を無痛分娩に応用したとの記載も残っています。その後も、減痛分娩・後陣痛・月経痛・虫垂切除術などへの鍼麻酔の応用が報告されています。
 
鍼麻酔の最も特徴的なことは、意識レベルを乱さないことであり、意識をそのまま残して患者さんの痛みを和らげる事ができる東洋医学を応用した麻酔法です。麻酔薬の使えない患者さんにも行える素晴らしい麻酔法だということで色々な研究がされました。
しかし、この鍼麻酔にも欠点がありました。無痛ではなく、和痛であるということです。痛みは0にはなりませんでした。また、個人差が大きく、効果を感じる患者さんもいれば効果を感じない(効かなかった)患者さんもいました。
この様な問題もあり大きく普及し、根付くことはありませんでした。
 
しかし、現在でも鍼麻酔は行われています。歯科治療などで麻酔薬の量を減らし鍼麻酔と併用していくという方法をとる歯科医院もあるそうです。
研究が進み、精度が上がれば「鍼麻酔と西洋医学的麻酔どちらを選びますか?」という世の中になるかもしれません。鍼灸師としてはそうなり、鍼の良さも大きく広まれば嬉しいです。
 
 
鍼麻酔の方法
 
ツボに鍼を刺鍼し、刺激する事で生体の特定部位の疼痛閾値を上昇させることで和痛していく。ツボとしては、肘下や膝下のツボを使うことが多い。
パルス(電気治療器)を使い、15分~20分持続的に刺激していくという方法がとられることが多い。

診療時間

アクセス

所在地〒359-1144 埼玉県所沢市西所沢1-20-9
駐車場3台あり
電話番号04-2968-6930
休診日土曜日午後・日曜日・祝日

当院までの道順案内

簡略マップ