TEL
予約 初めての方へ 料金

卵巣のう腫

卵巣のう腫を改善するなら所沢市のたかはし鍼灸接骨院まで

こんなお悩みはありませんか?

・腹部が痛い
・急に強い腹痛を感じて立っていられなくなった

卵巣のう腫で出やすい症状が、「腹痛」です。自覚症状がない場合もありますが、何か異変を感じているのであれば、お早めに所沢市のたかはし鍼灸接骨院までご相談ください。当院で、病院と提携しながら卵巣のう腫を改善していきます。

卵巣のう腫ってどんなもの?

卵巣のう腫といっても、難しくて詳しくはよく知らない…といった方も多いでしょう。
卵巣のう腫は、卵巣にできる液体状のものを納めた袋状が病変してしまうことです。
腫瘍は良性ですが、悪性に発展してしまうケースもあります。
多くみられるのは20~30歳代の女性です。
子宮内膜症によって、卵巣内にチョコレートのような古い出血が貯留する「卵巣子宮内膜症性嚢胞、水や粘液が貯留する嚢胞腺腫、皮膚や髪、歯など体の他の部位の組織がたまってしまう皮様のう腫があります。排卵した後、一時的に卵巣が腫れてしまうこともあります。

卵巣のう腫は、大きさによっては、腹痛になることがあります。
特に卵巣皮様のう腫の場合、「茎捻転」という症状が発生することもあり、急性的な腹痛で救急車で運ばれるケースもあります。
一方で、何も症状がなく、妊娠や健康診断をきっかけに発見されることもあります。

卵巣のう腫について詳しく知りたい方も、気軽に所沢市のたかはし鍼灸接骨院までご相談ください。

卵巣のう腫の治療ってどうやるの?

ある程度の大きさがあり、腹痛や腹部の圧迫感があれば、手術が求められます。
多い差が小さくて良性の可能性が高ければ、超音波検査による定期的な経過観察になることもあります。
一時的に卵巣が大きくなって機能性のう胞や黄体のう胞は、自然に消滅することも多いです。

診療時間

アクセス

所在地〒359-1144 埼玉県所沢市西所沢1-20-9
駐車場3台あり
電話番号04-2968-6930
休診日土曜日午後・日曜日・祝日

当院までの道順案内

簡略マップ